House SUEDA

この住宅は、さいたま市郊外に位置する寺の敷地内に計画した庫裡である。

町工場の多い殺風景な周辺環境から切り離されたような敷地は、緑豊かな環境である。

この住宅は、居住空間と音楽スタジオという異なる機能をT型の平面形を用いて計画している。

レベル差のあるT型の平面は、空間の関係を多様にし、それぞれの場を緩やかに分節する。

東西を壁で囲み、南北方向に伸びるリビングダイニングは、周囲からの視線を全く気にすることなく、

敷地内の緑豊かな眺望だけを切り取るように計画されている。

この建物は、伝統と現代、周辺と敷地、既存と新築、外部と内部、分節と統合、RC造と木造、住居とスタジオなど、

相反する項目によるコントラストによって成立している。

埼玉県さいたま市

2012

House

photo:上田宏

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/2