House ABIKO

この計画は、我孫子市に建つ30代のご夫婦のための住宅である。

クライアントは、趣味のデザイン家具が映えるギャラリーのようなコンクリート空間を要望された。

敷地は、南側に緑道を介して約5Mの高低差があり、北側は駐車場に面している。

立地は台地と台地に挟まれた谷底低地に位置した軟弱地盤で、RC造を支持するには杭の必要性があった。

コストを抑えるため、接地面積を小さくして杭の本数を減らし、上部構造をキャンチ形式とした。

そして、異なるヴォリュームの壁や屋根スラブを立体的に傾斜させた連続面とし、

応力伝達を合理化したことが特徴的な形態となった。

この住宅は、空間の関係性と構造の合理性を追求したフォルムによって、様々な距離感を作りだしている。

そして、多面構成の角度によって、空間は連続しながら分節され、

繊細な自然光の反射と屈折を伴った多様なシークエンスを創りだしている。

千葉県我孫子市

2014

House

photo:上田宏

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/2