松濤の家

この計画は、渋谷区松濤に建つマンションに​ご夫婦2人が暮らすためのリノベーションである。

クライアントのご要望として、LDKの広さと収納量の確保を希望された。​

既存の2LDKの間取りを極力残しつつ、LDKと隣り合う寝室との間仕切り壁を下げて、上部に格子窓をつくるとともに、コーブ照明を連続させることで、視線の抜けとあかりの連続をつくり出しLDKの広がりが生まれた。

また、廊下を縮小してLDKの面積を確保した代わりに、廊下の天井ルーバーをキッチンと寝室まで連続させることで、

お互いの室が視覚的な広がりを感じ合える空間となった。

限られた床面積のなかで、「視線の抜け」と「天井の連続性」を操作することによって広さを感じられる空間とした。

東京都渋谷区

2019.12

renobation

photo:大沢誠一

IMG_2117.JPG

既存リビングダイニング写真

IMG_9253.JPG

既存リビングダイニング写真

IMG_5042.JPG

既存寝室写真

IMG_3722.JPG

既存寝室写真

syoto_008.jpg
syoto_018.jpg
syoto_017.jpg
syoto_006.jpg
syoto_004.jpg
syoto_021.jpg
syoto_023.jpg
syoto_028.jpg
syoto_005.jpg